SOY CMSが動作するサーバ

SOY CMSをご利用になるには、動作要件を満たすWebサーバをご用意いただく必要があります。

※インストーラ機能付き共有サーバでも、ご自身でSOY CMSをインストールすることが可能です。

共用サーバをレンタルする場合

簡単インストール機能でSOY CMSが利用できるサーバ

CMSでサイト構築するならCPI【DB数・マルチドメイン無制限】月額3,990円

ACE シリーズではできる限り機能制限をなくしました。バックボーンネットワークも強化し、より多くのトラフィックに耐えられるように再設計。ビジネスユースに最適化いたしました。 無制限のその先へ。ACE01 リリース。

  • 初期費用無料、月額費用3990円~
  • 容量、DB数、メールアドレス数、ドメイン数、無制限
  • 独自SSL利用可能

KAGOYA Internet Routing

サポート専任スタッフが、お客様の疑問や問題にすばやく丁寧に対応いたします。(メールは24時間受付)サポート専用サイトも充実しています。

  • 初期費用無料、月額費用840円~
  • ディスク容量は余裕の50GB、容量が不足してもプランを変更する事なくコントロールパネルでいつでも簡単に容量の追加設定をしていただけます。
  • 独自SSL利用可能

その他の動作確認の取れている共用サーバ

さくらのレンタルサーバ

気軽に利用できる月額125円の「ライト」から、ビジネス用の「ビジネスプロ」まで充実のラインナップ!独自ドメイン取得サービス「さくらのドメイン取得」を利用すれば、お客様オリジナルのドメインでサイトの公開やメールの利用ができます。個人・法人を問わずすべてのプランへのお申し込みが可能です。※ライトプランではSOY CMSはご利用いただけません。

  • 初期費用1000円~、月額費用500円~
  • ディスク容量10GB~
  • 2週間無料お試し付き

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★

「レンタルサーバーとは、ホームページを公開するスペースを提供するサービスです。」 ……通常レンタルサーバー業者にお問合せすると、こういった答えが返ってきます。 しかし、ロリポップ!レンタルサーバーはそれだけではありません! 友達作りやビジネスを築くことをより簡単・円滑にできる機能がいっぱいです! さらに親切な【サポート】を心がけていますので安心してお楽しみください。

  • 初期費用1575円、月額費用105円~
  • ディスク容量2GB~
  • 10日間無料お試し付き

コアサーバー:格安レンタルサーバー→お試し登録(15日間)

CORESERVER.JP(コアサーバー)は、PHP+MySQLの快適性を重視した大容量の次世代レンタルサーバーサービスです。 XREA+の仕様を基本に、より高性能なサーバーと高速な回線に、より豊富なリソース配分を加え、より少ない定員数で安定性を高めた上位互換サービスです。 VALUE-DOMAINとの連携でドメインの運用を自由に行えます。

  • 初期費用無料、月額費用400円~
  • ディスク容量10GB~
  • 5日間無料お試し付き

スピーバー

スピーバーは、レンタルサーバー業界において10年の実績と、そのなかで培った確かなノウハウがあります。 お電話の繋がる確率98.5%の無料電話サポートつき、ビジネスでも安心して使えるレンタルサーバーです。

  • 初期費用3,150円、月額費用1,470円~
  • ディスク容量100GB~
  • メールアドレス、マルチドメイン、データ転送量無制限
  • 共有SSL、独自SSL利用可能

大容量42.195GB・月額1500円!レンタルサーバー【ヘテムル】

大容量・高機能のレンタルサーバー - レンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」はクリエイターの方もご満足いただける高機能レンタルサーバー(ホスティングサービス)です。マルチドメイン、マルチデータベース。42.195GBで1500円。Flash Media Serverをプリインストール

  • 初期費用3950円、月額費用1500円
  • ドメインを無制限に設定可能
  • 容量 42.195GB
  • 共用SSL、独自SSL利用可能

動作環境の詳細(ご自身でサーバの構築を行う場合の設定)

必須環境

  • Apache HTTP Server (1.3, 2.0, 2.2)
    • mod_rewirteが有効であること。
    • .htaccessでRewrite設定が行えること。
      (AllowOverride FileInfo Options または All,
      Options FollowSymLinks)
    • .htaccessでDeny, Allowなどのアクセス制御が行えること。
      (AllowOverride Limit または All)
    • 環境変数PATH_INFOが使えること。
      (AcceptPathInfo On)
  • PHP 5.2.0以降

    以下の拡張モジュールが有効であること。
    • PDO ※1
    • PDO_SQLite (SQLite版のみ) ※1
    • PDO_MySQL (MySQL版のみ)
    • mbstring
    • Standard PHP Library (SPL) ※2
    • JSON ※3
    • SimpleXML ※4

    以下の設定となっていること。
    • magic_quotes_gpc = Off (SOY CMS Ver. 1.2.0xまで) ※※

    ※1 PDO, PDO_SQLiteはPHP 5.1.0以降では通常自動的に有効になります。参考:PHPマニュアル
    ※2 ※4 SPLおよびSimpleXMLはPHP 5.0.0以降では通常自動的に有効になります。参考:PHPマニュアルSPL, SimpleXML
    ※3 JSONで必要なjson_encodeとjson_decodeはPHP 5.2.0以降では通常自動的に有効になります。参考:PHPマニュアル
    ※3 JSONはPearのServices_JSONで代替することができます。参考:SOY CMS フォーラム - エックスサーバー(X20)にインストールする方法について
    ※※ magic_quotes_gpc = OffはSOY CMS 1.2.1以降では必須ではありません。

推奨環境

専用サーバ・VPS等

以下のような専用サーバ・VPS等では上記の設定に従ってApache、PHP、MySQLもしくはSQLiteをセットアップしてください。必須環境、推奨環境を満たしていても、その他の設定によりSOY CMSが動作しない場合があります。そのような場合の問題解決にはフォーラムをご活用ください。

SOY CMS/Shopはオープンソースライセンスで公開しているため、ご利用は用途を問わず無料です。じゃあ開発元は何で収入を得ているの?とよく聞かれます。主には

  • 制作・開発会社さまからのサポートご依頼
  • サイト運用者さまからのご依頼

でサポートやサイト構築のお手伝いをさせていただいているのですが、前者については「自社では対応が難しいお仕事」だけが集まってきます。単純に規模が大きかったり要件が複雑だったりで経験が無いから手伝ってというものもあるんですが、一定数「デスマーチになりそう」「もう半分デスマーチになってしまっている」お仕事が含まれてきます。だからそんなときの対処のノウハウが結構たまっています(もちろんCMSなのでWeb構築関連に限ったお話です)。


まず、そもそもですがデスマーチはなぜ起きるのか?というと、要件に対するリソース(予算、スケジュール)不足です。予算不足は技術ではどうしようもないので触れませんが、スケジュールについては手の打ちようはあります。

スケジュールが厳しくなる理由、厳しくなったときに起きる悪循環は大体こんな感じでしょう。

  • 要件定義・設計が遅れて実装に充てられる期間が削られた(でもリリース時期は動かない)
  • 実装に入ってから追加の要件が出てきた(でもリリース時期は動かない)
  • 途中で追加された要件についても愚直に要件定義→設計→実装→テストの手順を守ろうとして時間を食ってしまう
  • スケジュールが厳しいことが明白な段階になっても、プロジェクトの進行方法自体の見直しを行わない(当然進行速度は変わらないので「見通し通り」炎上する)
  • スケジュールが厳しいことが明白になったとき、人員の追加で巻き取ろうとして(プロジェクトの詳細を知らない)新規参加のメンバーへの説明の手間で却ってスケジュールが圧迫される

いずれにしろ「要件に関する意識のすりあわせが難しいこと」「イレギュラーへの対処自体を計画に織り込んでいないこと」が問題です。

こちらのブログでは何度かに分けて、こういった状況に対応するために、SOY CMS開発元ではどんなことをしているか説明をしていきたいと思います。