<<2015年02月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728 

SOY CMS

SOY App

カテゴリ: プラグイン開発について  解説・資料  SOY Shop  SOY Shopプラグイン 

齋藤です。


前回はオーダーカスタムフィールドのカート側の処理を見ました。

SOY Shopプラグインの解説 オーダーカスタムフィールド1


今回は管理画面側の処理を見てきたいと思います。





管理画面でもカート側と同様に

soyshop.order.customfield.phpという拡張ポイントで処理を行います。


管理画面側では、

/soyshop/webapp/src/logic/plugin/extensions/soyshop.order.customfield.phpの


class SOYShopOrderCustomfield implements SOY2PluginAction{

	private $cart;

	/**
	 * セッションの削除
	 */
	function clear(CartLogic $cart){		
	}

	/**
	 * @param array $param 中身は$_POST["customfield_module"]
	 */
	function doPost($param){
	}
	
	/**
	 * 注文完了時に何らかの処理を行う
	 * @param CartLogic $cart
	 */
	function order(CartLogic $cart){
	}
	
	/**
	 * エラーチェック
	 * @return Boolean
	 */
	function hasError($param){
		return false;
	}

	/**
	 * カートで表示するフォーム
	 * ["name"]、["description"],["error"]を返す
	 * @param CartLogic $cart
	 * @return Array array(array("name" => "", "description" => "", "error" => ""))
	 */
	function getForm(CartLogic $cart){
	}
	
	/**
	 * 管理画面で表示する値
	 * ["name"]、["value"]を返す
	 * @param Integer OrderId
	 * @return Array("name" => "", "value" => "")
	 */
	function display($orderId){
		
	}
	
	/**
	 * @param int $orderID
	 * @return Array labelとformの連想配列を格納 array(array("label" => "", "form" => ""))
	 */
	function edit($orderId){
		
	}
	
	/**
	 * saveする際のconfigを取得して返す
	 */
	function config($orderId){
		
	}

	function getCart() {
		return $this->cart;
	}
	function setCart($cart) {
		$this->cart = $cart;
	}
}

display、edit、configを利用します。


はじめにdisplayですが、返り値でarray(array("name" => "", "value" => ""));の値を返すことで、



管理画面の注文詳細で値を表示することができます。




editは



注文詳細の右上にある注文の編集をクリックした後で表示される



オーダーカスタムフィールド用の編集フォームの表示用のメソッドで、

array(array("label" => "", "form" => ""));の形式で値を返すことでフォームが表示されます。

formにHTMLでフォームのHTMLを渡します。


この画面で編集ボタンを押した後に読まれるのがconfigで、ここで値の登録や更新を行います。

 

同じカテゴリの記事を読む: プラグイン開発について  解説・資料  SOY Shop  SOY Shopプラグイン 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

タイトル:
お名前:
Email:
URL:
コメント:
お手数ですが、下記入力項目に「soycmsblog」と入力して下さい。